アヒージョとは何ですか?

アヒージョの画像

人気のアヒージョについて簡単に分かりやすく説明しています。また、アヒージョに関するスペイン料理の知識などもあわせて紹介しているのでよりアヒージョが理解できます。

 

アヒージョをどんな料理か一言でいうと

オリーブオイルに「刻んだニンニク」をいれて食材(魚介類・肉・野菜)などを煮込んだシンプルなスペイン料理です。そしてこの「刻んだニンニク」のことをスペイン語ではアヒージョといいます。

「アホ」がニンニクで「アヒージョ」が刻んだニンニクという意味

ニンニクの画像

刻んだニンニクが「アヒージョ」でしたが、ニンニクはスペイン語で「アホ」と言います。

有名なスペインのニンニクスープ「ソパ・デ・アホ (Sopa de ajo)」というのがあります。日本語ではインパクトのある名前になりますね。

アヒージョとはスペイン料理のタパス(総菜)の一種です。

ニンニクの画像

アヒージョがタパス(総菜)の一種とはどういうこと?

「タパス」は小皿に小分けした料理のことです。日本でいう総菜をイメージするといいです。

ハムやチーズ、サラダ、焼き物や煮物などのさまざま種類のタパスがあり、アヒージョもその一つだということです。

アヒージョにも種類が沢山ある。

有名なのがエビなどの魚介類のアヒージョです。魚介類ではあとホタテや牡蠣などもありますね。マッシュルームのアヒージョや鶏肉のアヒージョ。野菜のアヒージョもあります。

正式には「(食材)アル アヒージョ」

日本では料理の名称として「アヒージョ」と言われていますが、それではさっき説明した「刻んだニンニク」ということになりますので、本来は「(食材) アル アヒージョ」というのが正しいです。

「タパス」と「ピンチョス」

少しややこしいですがスペイン料理ではこの「タパス」以外にも「ピンチョス」という軽食を意味する料理があります。

「ピンチョス」は串に刺したものやバケットにのったもので、例えばオリーブの実とハムを突き刺したものやバケットの上にアンチョビをのせたものも「ピンチョス」です。日本でいうお酒のおつまみみたいイメージで出されます。

スペイン料理について

パエリアの画像

スペイン料理は地中海料理としてユネスコ無形文化遺産にとうろくされています。海の幸をふんだんにつかった料理がおおくパエリアなどもその一つです。

「バル」とは

バル

アヒージョを説明するうえで「バル」をぬきには語れません。

最近は日本の居酒屋などで「バル」という言葉をよくみかけますが、実は「バル」はスペインの居酒屋(バー)ことにです。

バルはもともとイタリアが発祥地なのでイタリアにも「バル」あります、でも地域によって食文化がことなるようにスペインの「バル」とイタリアのバルは違っています。

スペイン人は朝から晩までバルを利用する

実際のスペインのバルは喫茶店やレストランも兼ねていると考えたほうがバルのイメージに近いです。

スペインでは朝からバルで朝食をとったり昼はランチをたべたりとスペインでは頻繁にバルが利用されています。

また、スペインでは昼からお酒を飲んでも仕事してもOKなのだそうです。

話がそれましたが、そんバルなどで飲み物と一緒にだされる料理が「タパス」や「ピンチョス」で、その中の一つが「アヒージョ」なのです。

INDEX

▲TOP

▼HOME